また起き上がるのさ

2017年5月28日

1分間で夢を語ることが出来るだろうか?

初めて会う人と話したり、集まりに参加してちょっとだけ時間をもらえたり、そういう時に何を話せるかって重要な気がします。

自分のやっていること、目標としていること、夢、課題……。
話したいことはたくさんあっても、時間は限られていますし、簡潔に伝えないといけません。

1分で、自分の夢を語る。
一番いいのは、続きを聞きたいなと思ってもらって、後から直接お話ができることだと思います。

私が話をするとしたら、何を話したいか。どれを喋って、どれを省くか、などを考えてみたいと思います!

1分で自己紹介するなら

持ち時間1分で自己紹介とか、自分語りをしてくださいって言われたとします。
まず、何を話したいか、列挙してみます。

・名前
・今やっていること(糸島お助け屋)
・なぜそれを始めたか
・どういう課題があるか
・今後どうなりたいか(夢)

やっていることの紹介と、夢を中心に置けば、こんな感じでしょうか。
これを、時間内で、かつインパクトある感じに仕上げたいですね!

ひとつの例

こんにちは!(こんばんは!)
「糸島で、前原で、面白いことをしたい」と、そのために「人とのつながりを作っていきたい」と、活動しています、落合です。

私は4月から「糸島お助け屋」という名前の、主にシニアの方に使っていただけたらという、便利屋さんみたいなことをやっています。
電球交換から、草むしり、話し相手まで何でもお受けしますよ! というものです。

「いつか拠点となる店舗を持ち、普段から気軽に遊びに来てもらえて、いろんな人と交流できる場所を作る」という夢に向かって、進めているような、いないような……。頑張っています。

(話をするところに合わせた一言二言&締め)

話のうまさより、情熱とかな気がする

言葉がうまくても、話し方がうまくても、興味を持ってもらえるとは限らないと思います。
下手な言葉でも、話すのが下手そうでも、熱意をもっていることが伝わったほうが、後から話を聞いてもらえそうな気もしますし。

そのためには何を話すかとか、話し方を考えるより、中身ですよね。
夢の内容だとか、やっていることの意味だとかを、伝えられなくてもどれだけ持っているか。情熱があるか。

上の例を書いていて、もっと自分のやりたいことについて考えていく必要があるな、と思いました。

とりえあず、1分で夢を語ることはできそうです。
時々は自分の夢についても見直して、それにむかって進めるよう、頑張っていきたいと思います!

コメントを残す

Trackback URL:
http://ochiai-yuta.com/2017/05/1min-dream-talk/trackback/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。